夏から秋に季節が変わる9月、疲れやだるさを感じやすくなります。

ちょっとのストレスでも体のバランスが崩れます。

その要因としてまず気圧、夏の間クーラーの効いた生活を続けていた付けが自律神経を崩し、この台風の季節になって耳の奥の内耳が過敏に感知してそれが脳に伝達されてしまうとストレス反応が始まり、抗うつ、めまい、血圧上昇、頭痛、慢性痛などが現れてきます。そして肌もくすみを感じやすくなり、乾燥、化粧ノリにも変化が出てきます。

対策として、まずビタミンB1は有効です。痛みや自律神経のメカニズムと深く関係していて糖質や脳の栄養素を体内でエネルギーに換えてくれる働きをします。食べものとしては、豚肉、うなぎ、玄米がおすすめです。そして朝ご飯はきちんと食べることもお勧めします。

そしてやはり運動、まず、めまいや頭痛がしやすい人はストレッチなどで首回りに筋肉をつけて血行を促しましょう。そして自律神経を安定させる運動はゆっくり長くできることがよいので、ウォーキング、水泳、軽いランニングが良い刺激になります。体の代謝がジワジワと上がります。

脳にストレスを貯めないように自律神経を意識して紅葉の秋を楽しめる体にしていきましょう。